2018年は多くのアルトコインにとって

変革の年になるでしょう。

 

ビットコインから分裂した

ビットコインキャッシュも例外ではありません。

 

仮想通貨がメジャーになっていく

流れにはいくつかの過程がありますが、

 

ビットコインキャッシュには

2018年多くの変化が起こります。

 

大きな流れに乗ってビットコインキャッシュが

一般に広く普及するかもしれません。

 

この記事では2018年に起こる

ビットコインキャッシュ界隈の

出来事を具体的に紹介し、

 

それによって起こりうる

変化を予測していきます。

 

ビットコインキャッシュって何?ってかたはこちらをどうぞ

ビットコインキャッシュとはどんなコイン?

 

ハードフォークなどの具体的な動き

2018年のビットコインキャッシュの

動きとしてはハードフォークがあります。

 

ビットコインからハードフォークという形で分裂した

 

ビットコインキャッシュからさらに

派生した通貨が生まれるということです。

 

そもそもハードフォークは既存の通貨の技術を

さらに改善させるために行われるもので、

 

新たな通貨にはビットコインキャッシュの

問題点を解決することが求められます。

 

具体的には2018年中に2度の

ハードフォークが計画されており、

 

既にビットコインキャンディーという

派生通貨が生まれているのです。

 

ただし、ビットコインキャンディーを

扱う取引所はCoinEX1箇所だけであり、

 

今後の広がりや相場の動きは未知数となっています。

 

日本の取引所での扱いも現時点では

不明ですが覚えておくといいでしょう。

 

CoinEXはビットコインキャッシュを

基軸通貨として扱う取引所であり、

 

ここではビットコインを通さずに

アルトコインの購入ができます。

 

CoinEXの取り組みは今後の新たな

流れのきっかけになるでしょう。

 

 

ビットコインキャッシュに関する取引所の動き

2018年のビットコインキャッシュには

その他にも動きがありますが、

 

大きな影響があるのは大手取引所への上場です。

 

取引所は信頼性の高いところほど

新たなコインに対しての上場基準が厳しく、

 

上場が難しくなっています。

 

無数のアルトコインやICOがある中で

大手の取引所に上場されることは

信頼性の証となるのです。

 

実際ビットコインキャッシュは

アメリカ最大の取引所である

Coinbaseに1月上場しました。

 

今後の動きが注目されますね。

 

さらに取引所関連で言うと、

 

日本のSBIグループによる

仮想通貨取引所新設の動きも

追い風になるかもしれません。

 

元々、SBIはビットコインキャッシュの

マイニング事業を行っており

このコインに精通しています。

 

今後新たな取引所

「SBIバーチャルカレンシー」が本格的に始動し、

 

ビットコインキャッシュをさらに

盛り上げていくでしょう。

 

 

まとめ

この記事では2018年のビットコインキャッシュの動きについて扱いました。

 

アルトコインの中には海外の取引所で

仕掛けないものも多いですが、

 

ビットコインキャッシュは

日本の取引所で気軽に手が出せます。

 

引き続きハードフォークなど

大きな動きがあり、

今後の成長に期待が持てるでしょう。

 

元々金融業のノウハウがある

日本のSBIグループの取引所事業参入は

 

仮想通貨界隈に大きなインパクトを

与えていくかもしれません。