仮想通貨は数多くありますが

2017年8月に誕生したばかりの

 

ビットコインキャッシュという

通貨が今注目を集めています。

 

ビットコインキャッシュは

その名の通り、ビットコインから

分裂した通貨です。

 

その名称からかアルトコインの中でも

高い注目を得ています。

 

ビットコインキャッシュは

ビットコインと共通する点や異なる点があり、

従来の問題点を解決してくれるかもしれません。

 

この記事ではビットコインキャッシュに

ついて簡単に概要をまとめ、

 

その後通貨としての将来性や

これからについても分析していきます。

 

 

ビットコインキャッシュ(BCH)の概要

ビットコインキャッシュはビットコインから

ハードフォークされた新しい通貨です。

 

*ハードフォークとは、システムの作りを新たに変えること。

仕様変更のことです。

仕様変更すると、

旧仕様のもの(ビットコイン)と

新仕様のもの(ビットコインキャッシュ)の

両方が存在することになります。

 

セキュリティや送金スピードなど、

 

ビットコインにあった問題点を

解消するために考えられました。

 

具体的にはブロックチェーンにおける

ブロックサイズが大幅に拡大され、

 

その上でビットコインとも

共存できるようになっているのです。

 

ビットコインキャッシュはそれまでの

ビットコインの取引履歴も受け継ぎますが、

 

その後の取引は切り離されます。

 

その名称からビットコインとの

区別がつきにくいなど、

ユーザーの間で混乱を招きました。

 

海外では当初人気が無かった

ビットコインキャッシュですが

 

2018年は転機となるかもしれません。

 

元々ビットコインは送金スピードの

速さだけを重視しているわけではありませんが、

 

ビットコインキャッシュやリップルのXRPは

決済での利用をベースに開発されました。

 

今後投機目的以外での仮想通貨の

需要が増していくと考えられるので、

 

ビットコインキャッシュの需要が

増えるかもしれません。

 

 

ビットコインキャッシュのこれから

ビットコインキャッシュが将来的に

どうなるのかさらに予想してみましょう。

 

ビットコインとビットコインキャッシュ

のような類似点の多い通貨の場合、

 

中長期的にはどちらかが成長し、

もう片方が衰退していくのが一般的です。

 

ビットコインキャッシュの成長には

ビットコインの値動きも影響します。

 

ビットコインの相場は今から

大幅に値上がりすることはないでしょう。

 

また、仮想通貨を投機目的ではない

文字通りの通貨と考えた場合、

何より大事なのは利便性です。

 

その点で送金詰まりの無い

ビットコインキャッシュは将来有望といえるでしょう。

 

手数料もビットコイン以上に安く、

VISAに対応したデビットカードも登場しています。

 

2018年以降も様々な展開が考えられており注目です。

 

まとめ

この記事ではビットコインキャッシュ

について基本的な内容を扱いました。

 

将来的に従来のビットコインの

スケーラビリティ(システムの拡張性)の問題が改善され、

 

仮想通貨全体がより使いやすくなるでしょう。

 

利用者同士のコミュニティも

活発で今後への期待度の高さがうかがえます。

 

ビットコインに慣れて他の仮想通貨にも

興味が出てきたという人は、

 

ビットコインキャッシュにも

手を広げてみてはどうでしょうか。

 

ビットコインキャッシュが買える取引所は、

ビットフライヤーかザイフです。

 

両者とも金融庁に登録済みです。

 

ビットフライヤーは大手銀行が

出資しており安定感があります。

初めてでも簡単!ビットフライヤーの登録方法

 

ザイフは手数料が格安です。

ザイフの特徴と登録方法