多くの取引所がありますが、

その中でもビットフライヤーは、

有名起業が株主についている、

資本力の大きな取引所です。

 

安全面と使いやすさからも

初心者におすすめの取引所です!

 

ここでは、初めて仮想通貨を

始めたい人にわかりやすく、

ビットフライヤーの登録方法を解説します。

 

ビットフライヤーの登録方法

 

ビットフライヤーで登録するのに必要なものは

・メールアドレス

・身分証明書

・携帯電話

 

この3つかがあれば簡単にできます^^

 

まずは、ビットフライヤーの

公式サイトにアクセスします。

bitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

 

ビットフライヤーで買うには

 

フェースブックやヤフーなどのIDでも

アカウント作成できますが、

 

セキュリティーの面からも

メールアドレスで作成することを

おすすめします。

 

というのも、フェースブックの

不正アクセスは日常的に起こっていて、

 

万が一ハッキングされたら、

芋づる式に取引所のアカウントまで

被害が広がる可能性があるからです。

 

メールアドレスを入力して

アカウント作成を押すとすぐに、

メールが届きます。

 

メールに書いてあるリンクを

クリックして登録を進めます。

 

必要事項にチェックして

「bitFlyerをはじめる」をクリック。

 

画面が変わるので、

「まずは取引時確認の入力から始める」をクリック。

 

本人確認ができてからコインを

売ったり買ったりの取引が可能になります!

 

 

 

 

必要事項を間違えないように

注意して入力します。

 

私は、本人確認のはがきが来ないな・・

と思っていたら、振り仮名を

うっかり入力ミスしていた

経験があります><

 

 

本人情報を登録したら、

身分証明書の提出にうつります。

 

免許証の場合は表裏、

両方の画像が必要です。

 

身分証明書は

・免許証

・パスポート

・個人番号カード

・住民基本台帳カード

・健康保険証

・年金手帳

・福祉手帳

などなど、免許証がなくて大丈夫です。

 

次は取引目的の入力をしましょう。

 

 

 

 

チェックして入力するとクリック。

 

もし、途中で画面を閉じてしまった場合は、

ホーム画面の右下の、アカウント情報

というところから登録できます。

 

これが登録の流れになります。

5分くらいですぐに済みます!

 

登録は無料です

↓ ↓ ↓

ビットフライヤー公式サイトはこちら

 

二段階認証設定の注意点

 

ビットフライヤーに登録したら、

取引開始前に、必ず

二段階認証を設定しておきましょう。

 

個人の口座がハッキングされたと

いうことが起こっていますが、

その殆どが、二段階認証を

設定していなかったようです。

 

二段階認証の注意点

・全ての操作において二段階認証を有効にする

・アプリで認証するときはQRコードのキャプチャを取っておく

どれを二段階認証にするか選べますが、

セキュリティーの面からも全て

有効にしておきましょう。

 

そして、認証アプリを場合は必ず

QRコードをスクリーンショット

などにとって保存しておきましょう。

 

というのも、アプリ認証は、

バックアップが取れないので、

スマホが壊れたりしたときに

困る状態になってしまいます。

 

ビットフライヤーの場合は、

携帯番号のSMSで認証できるので、

私は今回こちらを利用しています。

 

 

ここまでできたら、ビットフライヤー

からの本人確認のはがきを待つだけです!

 

ビットフライヤーは人気で、

新規登録申し込みが多いので

ハガキ到着まで時間がかかることもあります。

 

仮想通貨が下がったタイミングで

買うためにも、早めに

登録をして置いてくださいね^^

 

 登録は無料です

 ↓ ↓ ↓

ビットフライヤー公式サイトはこちら