今回のコインチェック騒動がある前から、

仮想通貨は大幅に下落していました。

 

コインチェックのハッキングで

さらに下落した形ですよね。

詳しくはこちら

コインチェックのハッキングで考えるリスク対策

 

コインチェック事件は分かりやすい

下落原因なので、その前からどうして

大幅に落ちていたのか、それを書いて見ます。

 

過去の下落の原因を見ることで、

これから先下落したときにどう動けば

いいのかということが、

見えてくるので、参考にして見てください。

 

2018年1月16日から17日仮想通貨大幅下落

2018年1月16日から17日

 

仮想通貨保有されていた方、もしくは、

それ以前に売却された方にとっては、

忘れることの出来ない日になったのではないでしょうか。

 

2018年1月16日から17日にかけて、

ビットコインが170万台から大幅下落し、

一時、100万円を割り込む程まで下落してしまいました。

 

ビットコインの大幅下落に伴い、

アルトコインも大幅下落となってしまい、

 

・イーサリアム

・イーサリアムクラシック

・リスク

・ライトコイン

・ネム

・リップル

 

上記の時価総額の高いアルトコインが、

20~30%程下落してしまいました。

 

中でも、2017年に大幅ブレイクしたリップルは、

ピーク時には400円近く上昇していましたが、

120円台まで下落してしまいました。

 

約70%の下落ということになりますね。

 

これにはさすがに、皆さん驚かれたのではないでしょうか。

 

しかし、その後、ビットコインは130万円台付近まで

回復しておきており、下落の山場は過ぎ去りつつあるように感じます。

 

中国での仮想通貨取引規制が引き金か?

 

この下落の背景にはいくつか話しが挙がっていますが、

 

下落の理由はこれ?

・1月16日に中国で当局が仮想通貨取引規制

・中国の人民銀行(PBOC)はビットコインのウォレットサービスや

相対取引について禁止する必要があると政府に要請

 

上記の2点が原因ではないかと言われています。

 

中国の人民銀行は仮想通貨による資金調達「ICO」を禁止、

そして人民元による仮想通貨取引所の仮想通貨交換を禁止していました。

 

その為中国では仮想通貨取引所は米ドルなどの通貨で

仮想通貨を売買できるサービスを提供する事や、

 

直接(取引所を介さず)仮想通貨を売買する事で

仮想通貨の購入などが中国では行われていました。

 

仮想通貨の取引量が多い中国でこのような規制が入りますと、

仮想通貨に入り込んでいた資金が逃げてしまい、

今回のような大幅下落を記録してしまったのかも知れません。

 

やはり資金力のある国で、こうした規制の動きがありますと、

売りに入る人達が増えていき、売りが売りを呼び、大きな売りの動きと

なってしまいます。

 

世界中でも仮想通貨に対する規制の動き

1月15日にはドイツの中央銀行は、

「仮想通貨の規制は世界的にルールをつくるべきである」

と公言しています。

 

 

フランスでも仮想通貨規制の動きがあり、

アジア諸国だけではなく、世界中で仮想通貨規制に動きが見受けられます。

 

やはり、仮想通貨市場の熱は、世界中で非常に高く、

冷めた時の反発を懸念しているからです。

 

まとめ

 

今回の1月の大暴落に関しては以下の要因で下落したものと予測されます。

 

①     中国での仮想通貨規制の動き

②     世界中で仮想通貨取引規制の動き

 

この上記2点が、売りへの材料となってしまい、ビットコインを始め、アルトコインも

大幅な下落となってしまったのだと考えられます。

 

以前にも中国の規制でビットコインが大幅に下落したことがありました。

でも、結局、値を戻しています。

 

仮想通貨をいくら規制しても、この成長は止められないのでは?と思っています。

その証拠に、毎月のように新しい通貨が取引所に上場しています。

 

そして、仮想通貨と提携する企業も増える一方です。

 

考え方を変えれば今は絶好の買い時という動きもありますので、

今後の仮想通貨市場の動きに注目していきましょう。

 

まだ取引を始めていないのなら、初心者は

金融庁に登録され、株主にメガバンクもついているビットフライヤーがおすすめです。

 

詳しくはこちらの記事をどうぞ

初めてでも簡単!ビットフライヤーの登録方法