仮想通貨は円やドルなどの法定通貨とは

違ってインターネット上のデジタルの

通貨ですので、

 

「電子マネーと一緒なのでは?」

とイメージしている方は少なくありません。

 

確かに、紙幣や硬貨が存在しない点では一緒ですが、

仮想通貨と電子マネーは性質上異なります。

 

そもそも、仮想通貨と電子マネーが

どんなものなのか簡単に見ていきましょう。

 

仮想通貨と電子マネーって何が違うの?

仮想通貨

ビットコインやイーサリアムなど実に1,000種類以上が存在し、

インターネットを通じて不特定多数の間でサービスの対価に使える

電子マネー

「Suica」「Edy」「nanako」「WAON」など、

紙幣や硬貨を使わずに電子的にオンライン決済を行う

 

電子マネーの実態は現金ではなく財布で、

「あらかじめ預けておいて好きなタイミングで使える」

と考えれば分かりやすいですね。

 

しかし、仮想通貨の場合は少し仕組みが異なり、

以下では電子マネーとの違いをまとめてみました。

 

仮想通貨

通貨:通貨の一つ(法定通貨ではない)

管理者の有無:中央管理者は存在しない

個人間の送金:個人間で送金ができる

使用範囲:世界中で使用できる

価格:時期によって価格が変動する

 

電子マネー

通貨:通貨ではなく財布

管理者の有無:中央管理者は存在する

個人間の送金:個人間の送金は不可

使用範囲:国内でしか使用できない

価格:価格の変動は一切ない

 

仮想通貨は管理者の存在しない

インターネット上の通貨で、

銀行など第三者機関を

介することなく個人間送金ができます。

 

しかも、現在では仮想通貨として

最も有名なビットコインを使い、

実店舗でも支払いや決済ができるようになりました。

 

保有による資産運用やFX取引など

投資の選択肢の一つですので、

仮想通貨取引所で購入してみましょう^^

 

電子マネーとは異なる仮想通貨のメリットとは?

以下では電子マネーとは違い、

仮想通貨にどんなメリットが

あるのか幾つか挙げてみました。

 

株やFXと同じように投資をして

資産運用を図ることができる

(2010年から2017年で約30万倍と価格が高騰している)

円やドルなど法定通貨のように

発行主体がなく、送金のスピードが

速くて尚且つ安い

少額からでも投資ができるので、

無理な買い方をしていなければリスクは少ない

国際通貨として利用可能で、

海外で両替をすることなく使える

FXよりも遥かに値動きの幅が大きく、

短期間で儲けられる可能性が高い

 

 

利用目的でのメリットと投資目的での

メリットの2つがありますので、

今から始めて保有するのは選択肢の一つですね!

 

仮想通貨はかなり少ない額で

投資ができるので、株やFXを

 

やったことがないという人でも

気軽に始めることができます。

 

仮想通貨は取引所で買います。

 

初めての方におすすめなのは、

ビットコインの取引量が

世界最大のビットフライヤーです。

 

最近はCMでも見かけるようになりましたよね。

 

セキュリティーがしっかりしており、

株主に大手メガバンクもついて

しっかりとした資本力があるので初心者にも安心です。

 

詳しくはこちらの記事をどうぞ

ビットフライヤーは安全?世界最大の理由