イーサリアムは誕生したばかりで歴史の浅い仮想通貨です。

 

一般に2017年が仮想通貨元年といわれましたが、

 

イーサリアムの飛躍は2018年以降かもしれません。

 

 

ビットコインの次世代の仮想通貨として既に高い地位を築いているイーサリアムですが、

 

2018年にその機能が本格的に拡張されていくと考えられます。

 

 

ハードフォークの実施から本格的なビジネスシーンへの活用まで、

 

技術の進化の早さに世の中の変化が追いついてくるようなイメージです。

 

 

この記事では2018年に予定されているイーサリアムの主な動きについて取り上げます。

 

 

イーサリアムのハードフォーク

イーサリアムは日々アップデートを続けており、

 

その進化の速度はすさまじく技術者不足が懸念されています。

 

 

今後もイーサリアムが成長を続ける根拠の一つはハードフォークの動きです。

 

 

ハードフォークとは簡単に言うと仮想通貨の技術の改善のために、

 

それまでのルールを変えてしまうようなイメージです。

 

 

既存のブロックチェーンの分裂、分岐などと捉えてもいいでしょう。

 

ハードフォークでは分裂した新しい仕様と分裂前の仕様に全く互換性がありません。

 

 

そのためハードフォークが実際に起こった場合、

 

旧バージョンと新バージョンの両方が存在するとも言い換えられるのです。

 

 

イーサリアムは元々計4回のハードフォークを行うように計画されています。

 

 

4つの段階はそれぞれフロンティア(未開拓)、ホームステッド(家屋敷)、

 

メトロポリス(大都市)、セレニティ(落ち着き)と表され今は開発途中です。

 

 

ハードフォークのうわさやニュースはイーサリアムの上昇トピックになります。

 

過去のイーサリアムのハードフォークにはイーサリアムクラシックがあります。

 

イーサリアムクラシックはイーサリアムをより安全に使えるよう

 

セキュリティ強度を高めた通貨です。

 

 

イーサリアムクラシックも今では人気の仮想通貨となっています。

 

 

2018年のイーサリアム

2018年は前述したハードフォークのうちメトロポリスが2月に完了し、

 

セレニティも年内での完了が予定されています。

 

 

具体的にはライデンネットワークという仕組みが実装されて、

 

これまでにない効率での処理が可能になります。

 

 

ビットコインを上回る今までにない性能です。

 

またイーサリアムクラシックにもハードフォークの話があり、

 

イーサリアム市場にどう影響するか注目されています。

 

 

これからはイーサリアム企業連合(EEA)の活動もより活発になっていくでしょう。

 

 

ブロックチェーンやスマートコントラクトの可能性は大きく、

 

仮想通貨はその技術の成果の一つに過ぎないとの見方もできます。

 

 

EEA(欧州経済領域)には大学などの研究機関や法律事務所も参加しており、

 

今以上に多方面での成長が見込めるでしょう。

 

 

まとめ

この記事ではハードフォークなど2018年のイーサリアムについて解説してきました。

 

繰り返しになりますがイーサリアムはもちろん、仮想通貨は全体的にまだ黎明期であり、

 

本格的な普及と成長はこれからです。

 

 

ビジネスの現場がついていけないほどの速度でテクノロジーは進化していきます。

 

この革新の流れに取り残されないようにイーサリアムについて情報を追っていきましょう。