仮想通貨にそれなりに詳しくなり、

ビットコインの取引にも

慣れた利用者の中には

 

他の仮想通貨(アルトコイン)に

魅力を感じる人が多いです。

 

確かにビットコインは最大の

仮想通貨であり安心して

保有できますが、

 

アルトコインほど短期間での

大幅な成長は期待できません。

 

その一方でマイナーな

アルトコインの扱いは上級者向けであり、

 

少しビットコインに慣れたくらいで

手を出すのは危険でしょう。

 

そこでおすすめなのが

イーサリアムです。

 

イーサリアムはビットコインより

歴史は浅いですが、

 

アルトコインの中では

最も有力とされています。

 

この記事ではイーサリアムの

基本を解説し、

 

今後や将来性についても

取り上げるので目を通してみてください。

 

 

イーサリアムって何?

イーサリアムはアルトコインの

代表とも言える通貨であり、

 

ビットコインの技術をより高度に

したものといわれます。

 

 

スマートコントラクトが特徴

 

イーサリアムを語る上で欠かせないのが

スマートコントラクトという技術です。

 

これにより送金記録だけでなく

様々な付随情報が同時に

プログラムされ保存されます。

 

契約を自動化することができるので、

コストを大幅に減らせることが期待できます。

 

例えば、極端な例ですが、家を借りるとき、

現在は仲介業者がいて、

そこで契約書を交わして

お金のやり取りが発生しますよね。

 

スマートコントラクトの技術が現実化すると、

事前の契約内容だけ明らかになっていたら、

 

お金のやり取りと共に、

契約内容も全て、ブロックチェーン上に

記録されていきます。

 

人を介さずとも証拠が残っていくんです。

 

 

発行上限は決まっていない

 

また発行量の上限が明確に

決まっていないのもイーサリアムが

他の仮想通貨と違う点です。

 

既に発行されてた量は約9500万ETHです。

 

イーサリアムもビットコインと同じように

マイニングによって発行量が増えています。

 

マイニングについてはこちらの記事をどうぞ

マイニングを初心者に分かりやすく解説

 

 

発行上限がないということは、

1ETHあたりの価値が薄まってしまう

可能性もないとは言えません。

 

 

それでも、2017年の初めには

1200円程度だったイーサリアムの価格は、

12月に14万を記録。

 

現在は仮想通貨全体が冷え込んでいますが、

それでも1ETHあたり74000円です。

 

 

これからの基軸通貨になるのでは?

 

スマートコントラクトを基盤にした

拡張性の高さは多くのエンジニアに

 

支持されており、

さらなる発展の基礎になっています。

 

実際に海外の取引所で他のコインを買おうとすると、

・ビットコイン

・イーサリアム

のどちらかで買うことになります。

 

以前はビットコインで買う取引所だらけ

でしたが、どんどん、イーサリアムで

交換できるところが増えていっている印象です。

 

 

イーサリアムはビットコインとは

差別化されており、違う形で

普及していくでしょう。

 

ビットコインとイーサリアム両方を

保有するのもいいかもしれません。

 

通貨としてだけでなく新たな役割を

追求し続けるイーサリアムは

興味深い存在です。

 

 

イーサリアムの今後

仮想通貨はビットコインですら

誕生から10年と経っていませんが、

 

より歴史の浅いイーサリアムの

進化はまだまだこれからです。

 

イーサリアムには

EEAイーサリアム企業連合という組織もあります。

 

世界中の企業がイーサリアムを

ビジネスに活かすことを目的に

集まって設立され、

 

日本からはトヨタ自動車や

KDDIといった企業が集まり、

 

世界を見るとマイクロソフトや

インテルなどの巨大企業も

参加しているのです。

 

トヨタ自動車の場合は自動車の開発に

必要なデータ基盤の開発に

 

イーサリアムの技術を応用

することを目指しています。

 

メーカーから金融まで多くの最先端企業が

協力している現状は

好ましいといえるでしょう。

 

今後もイーサリアムの技術

から派生した通貨や

 

トークンを活用するプロジェクトの

隆盛などさらに大きな動きが期待されます。

 

 

まとめ

この記事ではイーサリアムの基本情報を

紹介し、将来に関しても簡単に予

測してみました。

 

仮想通貨の取引ではまず

ビットコインの扱いに慣れて、

 

十分に精通した後、イーサリアムから

アルトコインに入るのが原則です。

 

イーサリアムクラシックや

派生したトークンなど、

 

イーサリアムの技術から派生した

プロジェクトも既に多くありますが、

 

初心者は手を広げすぎずに取引をしましょう。

 

仮想通貨を楽しめる余裕が

出てきてからチャレンジするのが

いいかもしれません。

 

イーサリアムは初心者にもおすすめの

ビットフライヤーでも扱っています。

 

ビットフライヤーは大手メガバンクが

株主になっているなど、資本力があり

信頼できる金融庁に登録された取引所です。

 

まだ開設していない人は

ぜひしておいてくださいね^^

詳しくはこちらの記事をどうぞ

初めてでも簡単!ビットフライヤーの登録方法