先日、コインチェックでネムコインが

ハッキングされたことが話題に

なりましが、ハッキングは何も

今に始まったことではありません。

 

仮想通貨というネット上に存在している

ものである限りハッキングの

リスクは常について周ります。

 

ここでは過去にあったハッキングの被害と、

それを防ぐための対策を書いていきます。

 

ビットコインがハッカーに狙われる理由は?

仮想通貨の取引所は、常にハッカーの

脅威に悩まされています。

 

銀行など大金が集まる場所は

盗難の危機と隣り合わせで、

こういった点では仮想通貨の取引所も一緒です。

 

なぜビットコインがハッカーに

狙われやすいのか理由を

見ていきましょう。

 

捕まる可能性が低い

 

ネットワーク上のセキュリティに

攻撃を仕掛けるハッキングは

銀行の盗難と比べて逮捕されるリスクが低い

 

何度でもトライできる

一度ハッキングで失敗して

侵入できないとしても、

また新たにトライすれば良い

 

銀行強盗などはそうは行かないですよね。

 

一度失敗すればすぐに捕まってしまいますが、

ハッキングの場合は、やり続けることができます。

 

通貨の移動が自由

ハッキングでネットワーク上の

セキュリティさえ突破できれば、

自由に通貨の移動ができる

 

今回のネムコインのハッキングでは、

ネム財団がコインの自動追跡プログラムを開発して、

 

盗まれたネムコインを判別できるように

することで、盗難にあったネムを

使えないようにしました。

 

ただ、どの通貨もこんな

追跡プログラムをすぐに

開発できるとは限りません。

 

 

もちろん、ハッカーによる被害を

防ぐために、どの仮想通貨取引所でも

 

セキュリティ性や安全性を高める

工夫を行っていますね。

 

過去に起こったビットコインのハッキング事件とは?

多額の富を得られることでビットコインは

注目を集めていますが、

 

取引所のセキュリティ不備が原因で

資産が消失するケースは少なくありません。

 

過去には何度もビットコインの

ハッキング事件が起こっていて、

代表的なものを幾つか挙げてみました。

 

Mt.Gox事件

総額で75万BTCを超えるビットコインが盗まれ、

現在の価値に換算すると約5,000億円

BitFloor事件

2012年の9月に発生した事件で、

ハッカーがバックアップに侵入して

約155億円が盗まれている

Poloniex事件

出金コードの脆弱性が原因で、

2014年の3月に大手の仮想通貨取引所の

ポロニエクスから約6,000万円が引き出された

Bitstamp事件

2015年の1月に匿名のハッカーによって

19,000BTCが盗まれた

(現在ではセキュリティ性を高めて運営を再開している)

 

盗難被害に遭った取引所は多く、

倒産して預けていた資産が

返ってこなかったというケースもあります。

 

ハッキング被害のリスクを防ぐには?

仮想通貨のハッキング被害のリスクを

防ぐには、安全性の高い取引所を

利用するのが大前提です。

 

取引所によってセキュリティの

強度には違いがあり、

 

きちんと整っていないとハッカーによる

攻撃を食らう可能性がありますので

気を付けなければなりません。

 

以下では失敗を防ぐために、

仮想通貨の取引所の選び方で

押さえておきたいポイントをまとめてみました。

 

ポイント

・自分の資産が少しでも守られる補償制度が取り入れられている

・二段階認証を採用してセキュリティ性を高めている

・ユーザー数や資本金が多く、倒産するリスクが限りなく低い

・仮想通貨を取引する際に発生する手数料が安い

 

ビットコインだけではなく他の

アルトコインの取引を行う場合も一緒ですので、

どの取引所が安全なのか

比較してみてください。

 

初めて仮想通貨を始めるのなら、

ビットフライヤーがおすすめです。

 

その理由として、

ビットフライヤーは2種類の損害保険を契約している

・不正に日本円で出金された場合、資産100万円以内は最大10万円、それ以上は最大500万円

・サイバー保険に加入している

 

大手メガバンクが株主

・三菱東京UFJなど大手が株主になっていて資本力がしっかりしています。

資本がしっかりしていれば取引所が倒産するリスクはかなり低くなります。

 

セキュリティーが高い

・コールドウォレット(オフライン)で管理

・マルチシグ対応(コインチェックは対応してませんでした)

・二段階認証

・DigiCert通信を採用(顧客情報を最先端のセキュリティーで暗号化)

 

まだビットフライヤーに口座がない

あなたはこちら記事をどうぞ

初めてでも簡単!ビットフライヤーの登録方法

 

 

また、そもそも大金を取引所に

置かないことも大事です。

 

大きな金額の仮想通貨は

ハードウォレットに入れるようにしましょう。

 

ハードウォレットについてはこちらの記事で書いています。

コインチェックのハッキングで考えるリスク対策