先日、コインチェックの

ハッキング被害がありましたよね。

 

まだまだ、未知数の仮想通貨に対して、

怖いというイメージや

 

今はいいけれどそのうち崩壊

するんじゃないかとマイナスの印象や

 

儲けることができそう、将来は

仮想通貨で生活するように

なるのでは?

 

などプラスの印象を

持っている人もいるのかと思います。

 

ここでは、そもそも仮想通貨は

どういうものなのかという基本的なところと、

 

これから崩壊する可能性があるのか

ということについて書いていきます。

 

そもそも仮想通貨ってなに?


仮想通貨というのは、インターネットを

通じて、サービスや物品の対価に

使用することができるのです。

 

しかし、銀行などの公的な

発行主体、つまり法定通貨と異なり

そのものの価値を保証する

機関はありません。

 

簡単に言うと、インターネット上でのみ

流通し、公的金融機関を媒介しない

通貨です。

 

現在、仮想通貨は世界で1千種類以上あると

あるとされていますが、実際に取引に

使えるのはごく一部というのが現実です。

 

国内では、金融庁が登録を認めた

交換業者を通じて売買することができ、

実際のショッピングなどの支払いなど

仮想通貨が使える場が増えてきています。

 

仮想通貨の仕組みについて

仮想通貨というのは、暗号技術

(ブロックチェーン)と呼ばれる技術に

よって成り立っています。

 

ブロックチェーンという技術が革新的で、

管理者がいなくても取引ができます。

 

そうすると何ができるかというと、

スピーディーにかつ手数料を

格安で送金ができます。

 

ちなみにブロックチェーン技術自体への

ハッキングというは今まで

起こっていないです。

 

日本国内で、仮に有名なビットコインを

手に入れたいなと思ったなら

 

仮想通貨と現金を交換する

取引所で電子財布を作る必要が

あります。

 

主な取引所としては国内に7社

存在し、そのなかでも最も有名

なのがbitFlyer社ではないでしょうか。

 

仮想通貨の取引というのはとても簡単で

印鑑や書類も必要なければ

 

クレジットカードを仮想通貨との

交換を行えばその日にビットコインを

手に入れることが出来るのです。

 

仮想通は崩壊してしまうのか

少し前の話にはなりますが

2014年の2月にビットコイン

取引所『Mt.GOX』がサイバー攻撃に

よるビットコインの消失を発表し

メディアでも大きく取り上げられました。

 

当時の報道では300億円とも

言われていました。

 

この事件を受け、ビットコインを

含めた仮想通貨は崩壊してしまう

のではないかという不安が広がりました。

 

結果的にはこ事件は、社長の横領でした。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

マウントゴックス事件とは?真相とその後

 

ビットコインをはじめとする仮想通貨の

価値は一時的に下がりましたが、

その後、高騰することになります。

 

最近でいえば、コインチェックの

ハッキング事件ですが、

 

これも仮想通貨自体に問題が

あったわけではありません。

コインチェックのハッキングで考えるリスク対策

 

こういったハッキングなどの恐れに対して、

現在仮想通貨の盗難保険として

2016年の11月に『三井住友海上』が

 

国内で初めて仮想通貨のトラブルに

対する保険を売り出すことを

発表しました。

 

このようなことが国内で初というあたり

保障の制度について充実している状況

だとは言えません。

 

だからと言って、これから先仮想通貨は

崩壊してしまうのでしょうか?

 

私はそうとは思いません。

 

なぜなら、最初のほうに述べた通り

現在ビットコイン(仮想通貨)を

使用することができる店舗や企業が

増えてきているからです。

 

そして、仮想通貨自体への

期待はどんどん高まっています。

 

実際に、仮想通貨は多くの

企業や銀行との提携を始めています。

 

世界が仮想通貨を利用する方向に

動いているように思えてなりません。

 

それに加えて、4年後には東京

オリンピックも控えています。

 

東京オリンピックが控えていると

いうことは、これから外国との

取引や需要が増えることも

間違いありません。

 

さらに、仮想通貨はクレジットカード

などと違って手数料がほぼほぼ

かからないのです。

 

とても魅力的だと思いませんか。

 

これは、決済を取り入れる

お店にとってもありがたいことです。

 

クレジットカードの決済の手数料は、

販売する側にとってはかなりの

出費となっているのが現状です。

 

手数料のかからない仮想通貨を

利用したサービスを普及させることが

出来れば、今後さらに仮想通貨は

飛躍するに違いありません。

 

実用化にいたるまでは、まだ時間が

かかるかも知れませんが、発展こそ

すれ崩壊という道には

至らないのではと思っています。

 

まさに発展途上の仮想通貨、

これからの伸びを考えると、

 

みすみす投資するチャンスを

逃すのはもったいないと思っています。

 

特に、コインチェックのハッキングなど、

仮想通貨自体に問題がないのに、

 

価値が下がっているときは

ある意味買うチャンスでもあります。

 

まだ仮想通貨を持っていないなら、

ぜひ少額からでも始めてみてくださいね。

 

仮想通貨は取引所で買うことができます。

 

初心者におすすめなのは

金融庁の登録もしているビットフライヤーです。

 

初めてでも簡単に使うことができますよ。

詳しくはこちらの記事をどうぞ

ビットフライヤーの登録手順