仮想通貨に関するニュース、

報道を目にすることは今では

珍しくなくなりました。

 

 

今ではビットコインの知識を

持つ人も少なくないです。

 

しかし一口に仮想通貨といっても

ビットコインだけを指すわけではありません。

 

確かに最も有名なのはビットコイン

ですが、それ以外にもイーサリアム、

 

リップルをはじめ数え切れないほど

多くの種類の仮想通貨があります。

 

この記事ではビットコイン以外の

主な仮想通貨をいくつか紹介し、

 

マイナーな仮想通貨への投資の

魅力にも触れていきます。

 

 

ビットコイン以外の主な仮想通貨

仮想通貨の世界ではビットコイン以外の

ものをまとめてアルトコインと呼びます。

 

アルトコインの中でもビットコインについで

時価総額が大きいのがイーサリアムです。

 

日本でも多くの仮想通貨取引所が

取り扱っており、興味がある人は

気軽に手が出せます。

 

イーサリアムを語る上で外せないのが

スマートコントラクトの概念です。

 

直訳でスマート(すばやい、賢い)な

契約という意味であり、

 

ブロックチェーンの技術ですべての

契約を自動化して取引の流れを簡素化します。

 

自動化の効果は具体的には支払いまでの

期間を短縮して、虚偽情報による不正も防ぎ、

 

仲介業者を排除できることで

全体の費用を抑えられることです。

 

イーサリアムはこの独自の技術を

システムに組み込んでいるので、

 

仮想通貨での売買や投資が

より安全に行えます。

 

イーサリアムについてはこちらの記事もどうぞ

イーサリアムはどんなコイン?今後は?

イーサリアムが買える取引所と特徴

 

 

もう一つ主要なアルトコインとして

ライトコインがあります。

 

ライトコインはビットコインよりも

決済のスピードが速く、

 

比較的少額の日常的な支払いの利用に

向いている仮想通貨です。

 

日本国内の大手取引所でも

売買や投資を行うことができ、

 

ビットコインほどではありませんが

大きなコミュニティがあるので

安心して利用できます。

 

 

アルトコインの魅力

少額投資で大きなリターン

わざわざビットコイン以外の

仮想通貨を持つ必要はあるのでしょうか。

 

アルトコインは時価総額が小さく

イーサリアムですら

ビットコインには全く敵いません。

 

信用の面でも相対的に不安があり

海外の取引所でしか

扱いのない通貨も多くあります。

 

アルトコインは少なくとも

初心者向けではないでしょう。

 

しかしアルトコインはうまく取引すれば

短期間でも莫大な利益を得られることがあります。

 

ビットコインより歴史が浅い分

まだ安く買うことができ伸び代もあります。

 

まだ日本に入ってきていない

仮想通貨の中にも

 

グーグルやアップルなどの

巨大企業とパートナーシップを

結ぶプロジェクトがあり、

 

様々な分野で投資が活発に行われています。

 

ハイリスクなものもありますが、

魅力を感じるプロジェクトがあれば

買ってみるのもいいでしょう。

 

まとめ

仮想通貨の中でもビットコイン以外に

焦点を当ててみました。

 

アルトコインには

ビットコインの欠点を補うものや

 

ビットコインには無い特徴を

持つものがあり千差万別です。

 

現在ビットコインを

保有している人は余裕があれば

 

イーサリアムからアルトコインの

取引にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

この記事も一つの参考にしてみてくださいね。