2017年は仮想通貨元年といわれ

大きな盛り上がりを見せました。

 

元々投資や金融商品に

関心がある人だけでなく、

 

広く一般に仮想通貨が

知れ渡った年だったといえます。

 

しかし仮想通貨は普及はもちろん、

技術的な進歩も含めて

まだまだこれからです。

 

ひょっとすると仮想通貨の元年は

2018年なのではとの意見もあります。

 

今後の仮想通貨の世界の動きには

いくつもの予測がされていますが、

 

利用者にとって良い影響もあれば

そうでないものもあるようです。

 

あくまで予想となりますが

この記事では簡単に

 

仮想通貨の今後について触れて

いくので見解の一つとして

参考にしてみてください。

 

大手金融機関による取り扱いでより身近になる

2018年以降に予想される仮想通貨の

動きとして大手企業による

市場への参入があります。

 

大手企業とはメガバンクを

はじめとした銀行や、

 

ネット証券を含めた

証券会社、FX会社などです。

 

実は三菱UFJ銀行や

みずほ銀行は2017年以前から

 

仮想通貨やブロックチェーンに

関する独自のプロジェクトを計画しています。

 

三菱UFJ銀行はMUFGコインという

独自の仮想通貨を既に試験運用しており、

 

2018年には一般リリースも控えているのです。

 

このような誰もが知る

大手都市銀行の取り組みは

 

仮想通貨の普及を

加速させるかもしれません。

 

また大手ネット系証券の動きも活発です。

 

SBIホールディングスをはじめ、

カブドットコム証券、

 

マネックス証券などが

仮想通貨取引所の開設を

うわさされています。

 

このような動きは

仮想通貨市場のさらなる拡大と

 

それによる株式やFXの投資需要の

減少を危惧してのもの

なのかもしれません。

 

 

脱税やハッキング被害の増加などの懸念

これまで見てきた動きは

仮想通貨の普及を推進するものであり、

 

多くの利用者には

良い影響を及ぼすでしょう。

 

しかし、予測される中には

あまり好ましくない動きもあります。

 

予想される問題点の一つが脱税する人の増加です。

 

今後日本では仮想通貨取引が

今以上に盛んになっていき、

 

巨額の儲けを得る人の

絶対数も増えていくでしょう。

 

国内で予想される仮想通貨関連の

税収は数兆円にも上るとされますが、

 

それだけに脱税には政府、

世間から厳しい目が向けられます。

 

悪意のある脱税はもちろん

いけませんが、申告のし忘れにも

注意が必要です。

 

今はまだ利益が出ていない人も

確定申告に関して最低限のことは

おさえておくべきですよ。

 

そしてもう一つ忘れてはならないのが

セキュリティ面の問題でしょう。

 

仮想通貨のブロックチェーンは

非常に強固なセキュリティを誇りますが、

 

最近のハッキング技術も高度化しており、

絶対に安全なものなどありません。

 

二段階認証の使用や

ウォレットによる管理など

 

自分でできる対策はしっかりと

打っておきましょう。

 

 

まとめ

仮想通貨の今後について良い点から

悪い点まで見てきました。

 

仮想通貨の歴史はまだ

始まったばかりであり、

 

誰も予測できないようなことが

これから起こる可能性もあります。

 

いかなる状況にも対処できるように、

日々知恵を蓄えておくことが重要です。

 

できる限りの対策はした上で

将来の動きを楽しんで

体感できるようにしましょう。