仮想通貨が話題になるにつれ、

自分も買って見たいと

思い始めている人は多いです。

 

ただ、会社で副業禁止、

となっていたらどうでしょうか。

 

特に公務員の副業は厳しく禁止されています。

 

仮想通貨は副業なのか?

公務員でもできるのか?

 

について書いていきます。

迷っているあなたは読んで見てくださいね。

 

副業禁止の公務員でも仮想通貨を始められるの?

 

安定しているとは言っても、公務員の給料は

決して高いわけではないので

将来に不安を抱えている方は少なくありません。

 

しかし、多くの公務員は副業が禁止されていますので、

 

「仮想通貨のビットコインで儲けるのは難しいのでは?」

「仮想通貨を始めるとバレるのでは?」

 

と不安になるかも知れません。

 

結論から言うと仮想通貨に限らず

株式投資やFX投資など資産運用は

公務員の副業として認められていて、

会社から処罰を与えられる心配はないです^^

 

そもそも、公務員の副業が

禁止されているのは公務員法で

規定されているのが理由で、

大まかな内容について見ていきましょう。

 

国家公務員法103条:金融業や営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社を設立してはならない

国家公務員104条:職員が報酬を得たり事業に従事したりするには内閣総理大臣や轄庁の長の許可を要する

地方公務員法38条:任命権者の許可を受けなければ営利を目的とする私企業を営むことはできない

簡単にまとめると、夜間にアルバイトを

したり営利企業の社外役員に

就いたりすることはできないと

法律で禁止されています。

 

そんな公務員でも仮想通貨による

投資が可能なのは、企業に勤めたり

自営業を営んだりするわけではないからです。

 

「チャートが気になって本業に集中できない・・・」

と仕事を疎かにするのはマズいのですが、

 

仮想通貨で投資をすること自体は

副業には該当しませんので安心してください。

 

公務員がバレないように仮想通貨を始めるには?

 

副業が会社にバレる理由として、

誰かに喋ってしまったり働いている

現場を見られてしまったりと様々です。

 

仮想通貨はいくら認められているとしても、

「なるべくバレたくない」

と考えている方は少なくありません。

 

現在の仕事以外に収入があると、

妬まれることもありますし、

 

副収入に関わることが気になって、

仕事に集中してないだろう!

なんて目で見られることもあります。

 

そこで、会社や上司にバレないように

仮想通貨を始める方法をまとめてみました。

 

・住民税の徴収方法は、副業分の収入の税金を自分で納める普通徴収にする

・自分ではなく家族の名義を使って仮想通貨を購入する

・売却せずに仮想通貨を保有し続ける(売って利益が出なければ確定申告は不要)

 

投資で売却益が出て一定額以上を

稼いでいると、確定申告の義務が発生します。

 

確定申告で副業がバレるケースは

少なからずありますので、

 

ビットコインを購入して売却せずに

保有し続けるのは選択肢の一つですね。

 

安定した収入を得ている公務員は

仮想通貨による積立投資が始めやすいため、

 

「そろそろ投資をしたいと考えている」

という方は、試しに取引所で

購入してみてはいかがでしょうか^^

 

今は、収入の流れを複数持つ時代になってきています。

 

やめなければ安定しているという

公務員でも、いつ、自分が病気に

なったり働けなくなったり、

何があるかは誰にも分かりません。

 

資産を増やして悪いことは何もないですよね。

 

それに、収入を増やそうと思っても

ダブルワークはできないので、

公務員こそ仮想通貨などの投資が

将来のリスクヘッジにもおすすめです。

 

 

積み立て投資ができるのはザイフです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ

ザイフの特徴と登録方法