学生でも仮想通貨を買える

ビットコインなどの仮想通貨が

一般的になるにつれて、

 

未成年の高校生や大学生で

興味を持つ人も増えています。

 

仮想通貨は投資のためだけの

ものではなく、

 

決済や送金にも大変便利なので

未成年でも体験しておいて

損はありません。

 

しかし、いざ取引を始めようと

思っても取引所のアカウントを作れるのか?

 

売買や投資をするのにルール上の

問題は無いのか?

と不安になるでしょう。

 

この記事では未成年でも

仮想通貨の取引ができるのか

について説明し、

 

その後で仮想通貨をやり取りする

上での注意点に触れていきます。

 

仮想通貨に関心のある未成年の人は

記事を見た上で検討してみてください。

 

 

仮想通貨取引は未成年でも可能

未成年が仮想通貨を買うには

未成年でも仮想通貨取引所に口座を

開けるのか気になっている

人は多いでしょう。

 

結論から言いますと可能です。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)や

Coincheck(コインチェック)をはじめ、

 

日本の主要な取引所の多くは

本人確認書類のほかに

親の同意を証明するものが

あればアカウントが作れます。

 

ただし、証明する書類の内容は

取引所によって若干ことなる

場合があるので公式サイトの確認が必要です。

 

未成年でも自分名義の口座があれば、

自由に仮想通貨の売買や投資が可能です。

 

投資はリスクも覚悟しなければ

なりませんが、それを抑えるための

事前準備や分析は高校生や

大学生でもいい勉強になります。

 

大きな額を一つの通貨にするのは

避けるべきでしょうが、

 

その判断も含め自分で判断する

責任も体験できるでしょう。

 

未成年の仮想通貨取引での注意点

仮想通貨の注意点

前述したとおり仮想通貨の取引は

未成年でも可能であり徐々に

広まっていくでしょう。

 

しかし、未成年には子供ならではの

リスクがつきまといます。

 

注意点の一つは一部で行われている

仮想通貨詐欺に巻き込まれやすいことです。

 

この点は大人以上に神経を使います。

このような話をすると

 

「騙されるかどうかは本人の賢さや

   勉強量、性格しだいであり、

   子供かどうかは関係がない」

という人がいます。

 

そのような考えも理解できますし、

実際子供並みの知識しかなく

騙されてしまう大人はたくさんいます。

 

しかし未成年はあらゆる面での

経験において大人に敵いません。

 

経験というのはいくら賢くても、

実際にやってみなければ

得られないものであり、

この点で子供は不利なのです。

 

なのでリスクには

十分注意が必要でしょう。

 

二つ目の注意点は仮想通貨取引に

おいて利益があった場合の

税金についてです。

 

投資によって幸運にも大きな

金額のもうけが得られたとき、

金額によっては確定申告が

必要となってきます。

 

年間数十万円ほどの収入でも

申告はしなければならないのです。

 

また仮に仮想通貨投資による収益が

数百万単位になっている場合、

未成年であっても父親の扶養には

入れなくなってしまいます。

 

申告漏れの問題は軽視できないので、

儲かった場合のことも考えておきましょう。

 

まとめ

この記事で述べてきたように

未成年でも仮想通貨はできます。

 

投資は安全なことばかり

ではありませんが、

 

まずは決済目的での利用を両親に

相談してみてはどうでしょうか。

 

仮想通貨の自己管理の経験は

将来思わぬところで

生きるかもしれませんよ。