年々仮想通貨の取引をする人が

増えていき、売買や投資への

敷居が低くなっていく一方で

 

仮想通貨を利用した詐欺が

多発しています。

 

仮想通貨詐欺は取引の初心者を

ターゲットにしたものが多いですが、

 

その手口は様々でどんどん

新たな詐欺が出てきている状況です。

 

この記事ではこれまでにあった

具体的な詐欺の手口がどんなものか紹介し、

 

詐欺に合わないように

する方法を考えて見ます。

 

少しの知識で防げる事例も

多いので、この機会に

ぜひチェックしてみてください。

 

仮想通貨詐欺とはどんなものか

仮想通貨では詐欺が

疑われる例がいくつもあります。

 

代表的な手口は最低購入価格や

価格の保証が設定されている場合です。

 

仮想通貨は本来少額から

取引できるのですが、

 

最低購入価格として高めの金額が

設定されていることがあります。

 

これは比較的分かりやすい

詐欺手口でしょう。

 

また最低価格が設けられて

いることもありますが、

 

金融商品において価格などの

保証を設けるのはそもそも違法です。

 

詐欺なので気をつけてください。

 

他にも取引所でなく代理人や個人で

仮想通貨を販売している

場合も注意が必要です。

 

すべてが詐欺と言い切れない

ところはありますが、

 

特に初心者はわざわざ

取引所以外から買う必要はありません。

 

また限定販売をうたい文句にする

通貨もたまにありますが、

 

仮想通貨はいつでも、どこでも、

だれでも購入できるものであり、

 

詐欺の可能性が極めて

高いといえるでしょう。

 

また、コインの中には、殆ど価値が

ないのに、一部の人によって意図的に

 

値段が吊り上げられている

詐欺まがいのものがあるので、

コインの種類自体にも注意が必要です。

 

海外の取引所で草コインといわれる

格安のコインを

探すときなどに気をつけたいですね。

 

詐欺から身を守る方法

前述したように仮想通貨詐欺は

様々な手法があり、

完全に防ぐのは簡単ではありません。

 

それでも現時点で個人でもできる

対策や考え方をいくつか紹介します。

 

まず仮想通貨の取引には

必ず取引所を利用することです。

 

利用するのもなるべくよく

知られた取引所がいいでしょう。

 

初心者におすすめなのは資本の

しっかりしているビットフライヤーです。

 

金融庁に登録された取引所でもあります。

ビットフライヤー公式サイトはこちら

 

登録方法など細かくはこちらの記事で書いています。

初めてでも簡単!ビットフライヤーの登録方法

 

取引所で公開されているコインの

すべてが安全というわけではないのですが、

 

未公開のコインに手を出すリスクは

しっかりと把握しておく必要があります。

 

次に初心者はなるべく

ICOに手を出さないことです。

 

ICOは特定のプロジェクトの

資金調達に仮想通貨を利用することであり、

 

元々リスクが大きいものです。

 

中には誰もが知る有名企業が

公式にサポートするような

プロジェクトもありますが、

 

玉石混合であり、将来有望かどうかの

見極めは初心者には困難でしょう。

 

アメリカや中国など国際的に

規制の動きが出てきており、

 

裏を返せばこれまでより安全な

ICOが増えていくのかも

しれませんが動向はよめません。

 

また海外のプロジェクトの場合、

詳細な資料などが英語でしか

用意されてないことが多く

 

英語のリーディング能力も必要です。

 

いずれにせよ慣れない内は

下手に手を出さないほうがいいでしょう。

 

 

まとめ

仮想通貨の注意点

仮想通貨が普及し、新しいコインが

次々に出てくる一方で詐欺が頻発するのは

 

ある意味では避けられない

ことかもしれません。

 

今後誰も予測しなかったような

手口が出てくることも十分に考えられるので、

 

コインの取引に慣れたと感じている人も、

 

今一度、この記事で取り上げた

基本を確認してみてください。