仮想通貨は日本だけではなく

もちろん、世界でも広がっています。

 

取引所も各国にあり、インターネットが

使える今はどこの国取引所でも

口座を開設できる時代となっていますね。

 

海外の取引所は確かに

手数料が安かったりと利点もあります。

 

今回は、仮想通貨を始めてみたい人に対して、

取引所の危険性について書いて見ます。

 

仮想通貨の取引所は危険なの?

ビットコインやイーサリアムなどの

仮想通貨を購入するに当たり、

「取引所は危険なのでは?」

と考えている方は少なくありません。

 

確かに、仮想通貨の取引所は倒産する

可能性がありますし、

原則的に銀行のように一定額を

補償してくれないところがほとんどです。

 

しかし、国内の取引所であれば

金融庁が審査していることもあり、

安全に仮想通貨のやり取りができます。

 

「大きく儲けられる」

「どんどん価格が上がっている」

 

と話題となり、仮想通貨による投資を

始める方は以前よりも大幅に増えました。

 

とは言え、仮想通貨の取引所は潰れたり

コインが盗まれたりといった

リスクがありますので、

次のように選び方には気を配らなければなりません。

 

・資本金が多くて潰れるリスクが限りなく低い

・大手企業から出資されていて信頼を獲得している

・二段階認証などセキュリティ体制が整っている

・登録しているユーザー数が多い

 

これらの点を守って仮想通貨取引所を

決めていれば、危険性は殆どない

と言っても良いでしょう。

 

とにもかくにもセキュリティ体制が

最も大事で、大切な資産を守るのは

自分自身の選択と管理方法にかかっています。

 

セキュリティ体制の整っていない取引所で

仮想通貨を購入するのは危険性が高く、

 

「二段階認証を行っているのか?」

「ログインを一定回数間違えるとロックがかかるのか?」

「送金や出金でメール認証が必要か?」

 

といった点で比較してみてください。

 

海外の仮想通貨取引所を利用しても大丈夫?

仮想通貨の取引所は国内だけではなく、

Binance(バイナンス)や

KRAKEN(クラーケン)を中心に

海外にもたくさんあります。

 

海外の取引所はビットコイン以外の

アルトコインも数多く取り扱っていますので、

 

「まだ価値のない草コインを購入したい」

という人にピッタリですね。

 

ただし、国内の取引所と比較してみると

危険性が高く、

その理由を幾つか挙げてみました。

 

・仮想通貨交換業者として登録を受けずに運営しているところがある

・日本語でのサポートを受けられないサービスが今のところは多い

・英語表記だと最初の登録や使い方で間違えてしまう恐れがある

・取引所によっては間違った操作で保有している仮想通貨が消えてしまうリスクがある

 

数多くの種類の仮想通貨を購入して

投資ができる代わりに、

海外の取引所の利用には

 

リスクやデメリットがあると

心得ておかなければなりません。

 

トラブルにあったときの問い合わせももちろん英語でやり取りすることになります。

あなたが英語が堪能であればいいのですが、そうでなければ、かなり大変です。

 

たとえば、海外の珍しいコインが

買えるHitBTCなんかは、

 

しょっちゅうサーバーがダウンしますし、

何だか知らないけど、

 

コインの出し入れができなくなったり

することもあるので、

リスキーに感じています^^!

 

今から仮想通貨を始める初心者には

おすすめできませんので、

 

ザイフやビットフライヤーなど

国内の取引所を利用してみてください。

 

ビットフライヤーの登録方法などはこちら

初めてでも簡単!ビットフライヤーの登録方法

 

もし、海外の取引所を使うのなら、

バイナンスが比較的安全に感じます。

 

以前は日本語表記がありましたが、今はなくなっています。

でも、多少英語が読めれば何とかなりますよ。

 

バイナンスの登録は2BTC以下の取引なら

本人確認などは要りません。

 

メールアドレスがあればすぐに使うことができます。

フィッシング被害などが出ているので、こちらから見てみてくださいね。

バイナンス公式サイト