仮想通貨のこれから

 

この記事を見ている人は

仮想通貨についてよく分からない人、

 

ネットニュースなどで良く見るけど

表面的なことしか知らない

という人が多いでしょう。

 

私ももちろん最初は仮想通貨って何??

それって何かだまされるんじゃない??

なんて思っていました。

 

仮想通貨を深く知らない人に

その用途や利便性を説明しても、

 

果たして本当に普及するのか?

通貨として将来性はあるのか?

 

と疑問を投げかけられて

しまうかもしれません。

 

でも仮想通貨には大きな

可能性が秘められています!!

 

仮想通貨について勉強すれば

するほどそう思うようになりました。

 

仮想通貨の核となる

ブロックチェーンの技術は

 

私たちの生活を着実に

変化させていくでしょう。

 

この記事では仮想通貨に

将来性がある理由を説明し、

 

また近い将来予測される

仮想通貨の用途、使い方に

ついても見ていきます。

 

仮想通貨が将来有望な理由

仮想通貨は将来有望

仮想通貨とそれを支える技術は

高い将来性を秘めています。

 

既に日本で法律上財産(資産)と

認められていることからも

普及度合いは分かるでしょう。

 

仮想通貨はブロックチェーンという

独自の技術により低コストで

高いセキュリティを誇り

 

結果として手数料を安価に

押さえているのです。

 

その利点はコストダウンを求める

小売店からは大きな注目を集めています。

 

この先10数年の内に

クレジットカードやデビットカード、

 

電子マネーなどに並ぶ決済手段に

なってもおかしくありません。

 

グローバル化の進展も

海外への送金に有利な仮想通貨

にとって追い風になるでしょう。

 

仮想通貨を支えるブロックチェーン

の技術はいまだ発展途上ですが、

 

裏を返せば大きな成長可能性が

あるともいえます。

 

今後銀行などの金融機関が

仮想通貨を扱う可能性もあり、

 

実際、大手都市銀行が独自の

サービスの開発を進めているのです。

 

またリクルートなど金融業以外の

有名企業も仮想通貨取引所に投資し、

ノウハウ吸収を急いでいます。

 

 

将来的な仮想通貨の用途

仮想通貨の将来

仮想通貨は決済や送金の手段

としても将来有望ですが、

 

資産運用における投資対象

としても有力な選択肢になりえます。

 

株式投資においてはリスクを

減らすため様々な銘柄に分散して

投資するのが常識ですが、

 

仮想通貨でも同じことを

考えなければいけません。

 

既に株式や債券、不動産、金などに

投資している人が仮想通貨にも

目を付けているのです。

 

また一口に仮想通貨といっても

ビットコインとそれ以外では

相場の動きが異なるので、

 

様々な仮想通貨に資産を

分散する工夫が求められます。

 

さらに付け加えると将来的に

日本円が今ほどの強さや

安定性を保てるのかも疑問です。

 

人民元の信用性が低い中国では

仮想通貨投資が盛んですが、

 

日本でも富裕層を中心に資産を

仮想通貨で保有する動きが

出てくるかもしれません。

 

まとめ

 

長々と説明してきましたが,

日本でも仮想通貨の普及が

進む可能性は高いでしょう。

 

仮想通貨は少しずつ着実に

我々の生活を変えていき、

 

知らないうちに当たり前のものに

なっていくと考えられます。

 

この20年ほどでインターネットが

社会に定着したように

 

仮想通貨やブロックチェーンが

今ある金融の流れを変えても

おかしくありません。

 

当然、将来性については

賛否両論があると思いますが、

 

常に正しい情報を吸収し変化に

柔軟でいられるように心がけたいものです。

 

それに、まさに今から仮想通貨が

始まろうとしているときに、

みすみすチャンスを逃したくない

なんて思ってしまいます。

 

これから仮想通貨を始めるのなら、

金融庁に登録された

ビットフライヤーがおすすめです。

 

ビットフライヤーは、株主に

大手3大メガバンクや大手保険会社の

子会社などがあり、

資本がしっかりしています。

 

また、初心者でも分かりやすい

つくりとなっていますので、

まずはビットフライヤーから始めてみましょう。

ビットフライヤーの登録方法