仮想通貨とは

近年ビットコインをはじめとした

仮想通貨が話題になっていますね。

 

ニュースなどで名前を聞くことも多いでしょう。

 

とはいえ仮想通貨といっても

何のことだか分からない、

 

なんとなく危険そうといったイメージを

持っている人も多いかもしれません。

 

仮想通貨はとても便利なものです。

将来的には知らない人はいなくなるでしょう。

 

この記事では仮想通貨の特徴に

ついてまず説明しその上で

仮想通貨の用途にも触れます。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

仮想通貨の特徴

 

まず仮想通貨の特徴について

簡単に説明していきます。

 

仮想通貨とはインターネット上で

やり取りされる実物がない通貨のことです。

 

実体はありませんが財産的価値は

法律的に認められており

課税対象にもなります。

 

円やドルなどの法定通貨との

違いの一つは発行量の上限が

決まっていることです。

 

またビットコインのブロックチェーン

のような独自の技術により、

高度なセキュリティを保っています。

 

円という比較的安定した通貨を

持つ日本人には想像しづらいですが、

 

諸外国では急激なインフレや

政情不安などがままあります。

 

それにより通貨の価値が大幅に

下落する危険性があるのです。

 

その点特定の国家の政策に左右されない

仮想通貨は信頼性が高い通貨といえるでしょう。

 

 

仮想通貨の用途(使い道)

 

仮想通貨の用途は以下の4つがあります。

 

使い道

・決済(支払い)

・送金

・投資

・ファンディング

 

決済とは仮想通貨で買い物をすることであり、

現金やクレジットカード、

電子マネーの代わりに使うことです。

 

仮想通貨対応のお店であれば、

仮想通貨取引所の口座から

お金を引き落として払えます。

 

手数料が非常に安いので

今後対応するお店は増えていくでしょう。

 

次に送金です。

 

仮想通貨は自分と相手双方が

取引所に口座を持っていれば、

瞬時にやり取りができます。

 

取引所によりますが海外への

送金であっても必要な手数料は

数百円です。

 

3つ目は投資目的での利用です。

 

仮想通貨と聞いて投資目的を

イメージする人も多いのではないでしょうか。

 

仮想通貨での投資は株式投資などに

比べれば気軽に小額から

始められるのが特徴です。

 

土日や深夜の時間にできることも

忙しい人には魅力でしょう。

 

最後にファンディングです。

 

前述したように仮想通貨は

送金手数料が安く世界中に

瞬時に送金ができます。

 

この特長を活かしたのが

ファンディングと呼ばれる少額の寄付です。

(アイディアを持つ起業者が世界から広く資金を集めること)

 

他の方法では千円の募金にも

数百円の手数料がかかりますが、

仮想通貨ではほとんどかかりません。

 

これにより数百円などの寄付を大量に

集めることで結果的に莫大な額が集まるのです。

 

 

まとめ

 

仮想通貨には有名なビットコインや

イーサリアムを中心に多くの種類がありますが、

 

この記事ではそれらに共通の

特徴や用途といった基本的な

内容を扱ってきました。

 

 

仮想通貨は今後クレジットカードや

電子マネーのように普及する

可能性を秘めています。

 

本格的な資産運用を目的とした

保有も増えていきますが、

身近な決済手段としてもとても有益です。

 

関心を持つ人が増えれば増えるほど

急速に広がっていくと考えられます。