仮想通貨を長期保管するために買った

レジャーナノS、設定方法を解説します!

 

とっても簡単なので安心してください^^

 

まだ持っていない方は正規代理店から購入するのが、

ウィルスなどのセキュリティー面からも安心です。

 

正規代理店だと、オーナー登録もでき、

常に最新の情報を手に入れることができますよ♪

 ↓ ↓ ↓

Ledger NanoS正規代理店はこちら!

 

レジャーナノSの初期設定方法

 

まずはケーブルでレジャーナノS本体をパソコンに繋ぎます。

これで、電源が入ります。

 

そうするとまずは「welcom→Press both buttons to begin 」と表示されるので、

本体の上のほうのボタンを両方一緒に押します。

 

ボタンの説明が流れるので、また両方のボタンを押します。

 

 

「Configure as new device?」とでたら右ボタンを押します。

 

 

次に暗証番号の設定をします。

 

左ボタンで数字が下がって、右ボタンで上がります。

 

任意の数字を決めたら両方のボタンを押せば決定です。

 

4桁以上の数字を決めます。

 

この数字は、レジャーナノSを立ち上げるたびに

必要になるので忘れないようにしてくださいね。

 

 

私はフルに使って8桁を設定しました。

 

 

全部の数字を決めたら、「Confirm your PIN code」

と出るので、上のボタンを両方一緒に押します。

 

自分で決めた暗証番号を入れて、両方のボタンを押します。

 

 

次に、「Write down your recovery phrase」とでます。

 

リカバリーフレーズを書いておくということですが、

リカバリーフレーズというのは、バックアップのために必要です。

 

写したら絶対忘れないように気をつけてくださいね。

 

レジャーナノSの箱の中にこんな紙が入っているはずなので、

こちらに書き留めていきましょう。

 

word#1から順番に英単語が出てくるのでそれを写していきます。

24個写したら、上のボタンを同時に押します。

 

「Confirm yourrecovery phrase」と出るのでまたボタンを両方押します。

 

 

こんな感じで、10番目の単語を選んでください、など質問されますので、

先ほど写した紙を見ながら当てはまるものを、

右、左ボタンで探して、見つけたら、両方のボタンを押して決定します。

 

何回かすると、

 

 

「Your device is now ready」と出るので、両方のボタンを押します。

 

これで、初期設定は終了!

 

たったこれだけなので、簡単です♪

 

 

では、次に、レジャーなのに実際に仮想通貨を保管してみましょう。

リップルの保管方法を紹介します。

レジャーナノSでリップルを保管する方法