仮想通貨の情報は多いけれど、

専門用語も多いですし、

初心者からしたら「?」って感じですよね。

 

仮想通貨関連で良く出てくる用語の

「マイニング」もその一つでしょう。

 

実は、仮想通貨ってお金を支払って購入するという以外に、

自分自ら「マイニング」という方法を使うことで入手することが出来るのです。

 

その「マイニング」とはどのような仕組みなのか、

 

分かりやすく解説していきますね!

 

マイニングとは仮想通貨を生み出す作業

「マイニング」とは、日本語で「採掘」という意味になります。

 

現物のない仮想通貨を「採掘」って言っても

意味が分からないですよね^^!

 

私も初めて聞いたとき、仮想通貨ってネットの中にあるのに

どうやって掘るの!?なんて思いました。

 

本当の意味では、仮想通貨が健全に運用されるように

協力してくれた人への報酬のことを

「マイニング」と言います。

 

仮想通貨には中央銀行が存在しないので、

管理をする組織がありません。

 

そこで、ブロックチェーンと呼ばれる取引台帳に

全ての取引データを残すことで健全性を保っているのです。

 

この健全性に協力し、取引履歴のシステムに参加することが「マイニング」なのです。

 

仮想通貨をマイニングするには

少額投資で大きなリターン

では、実際にマイニングをするには

どうすればいいのかを解説しますね!

 

取引のシステムに参加するということで、

まずはコンピューターが必要です。

 

仮想通貨の取引データは全て記録されているので

物凄いデータ量になりますが、

それを世界中のコンピューターに

分散させることで管理することができています。

 

そこで、あなたのコンピューターも

これに参加して取引台帳の追記に協力をします。

 

コンピューターの計算能力が高ければ処理も速いので

マイニングできる量も多くなりますが、

 

競争の激化や高性能のコンピューターの用意、

電気代などコストがかかり現在では

新規参入で利益を出すのは難しいと言われています。

 

しかし、仮想通貨の知識としては重要なものなので、

しっかりと理解しておきましょうね。

 

マイニングで利益を出す方法

仮想通貨の投資金額

仮想通貨のビットコインはなく、

それ以外の「アルトコイン」

でマイニングをするという方法があります。

 

ビットコインよりも競争が激しくなく、

もしかしたら利益を出せる

余地があるかもしれません。

 

マイナーなコインであればあるほど

競争率は下がりますが、

 

逆に価値がゼロになってしまう

可能性もあるので、そこは考えものです。

 

もう一つの方法は「クラウド・マイニング」という方法です。

 

こちらは最近注目されている方法です。

 

マイニングを行っている業者に、

自分の代わりにマイニングしてもらい、

その配当を受け取れる方法です。

 

コストがかかるのは資金のみという点と、

少額から始められるのがメリットです。

 

あくまで投資なので、配当が約束されているものではありませんが、

手軽にマイニングできるという点から人気が集まっています。

 

ただし、資金を持ち逃げする悪徳な業者も存在するので、

信頼できる業者に依頼する必要があります。

 

まとめ

マイニングを実際に個人でやるかは置いといて、

意味としては知っておく必要がある仕組みです。

 

マイニングの方法や使用する機材は、

一口に絞れるものではありませんので、

興味のある人は次のステップとして

色々調べてみると良いですよ^^