昨今話題に上がることが増えている

仮想通貨がモナコインです。

 

モナコインは匿名掲示板サイトの

2ちゃんねるから誕生した

日本発の通貨として知られています。

 

誕生の経緯から軽く扱われることも

多いコインなのですが、

 

他のアルトコインはもちろん、

ビットコインとも異なる

多くの特徴があるのです。

 

知名度はまだまだ低いですが

今後扱う取引所も増えていくでしょう。

 

この記事ではモナコインが

どのようなコインなのか、その特徴を説明し、

 

その後購入できる取引所に

ついても紹介していきます。

 

 

モナコインの特徴

モナコインは数あるアルトコインの中でも

その技術力を高く評価されるコインです。

 

世界初であるSegWitの実装で多数の送金の同時処理ができ、

 

ライトコインの技術を基盤とした信頼性もあります。

 

SegWitとは噛み砕いて、簡単に言えば、

取引の中にある用量の大きい署名データを

他の場所に移動させること。

 

そうすることで、取引の柔軟性を高めたり、

取引の脆弱性へ対応することができます。

 

ルトコインの多くは開発途中のプロジェクトであり、

実際に通貨として利用するには障害がありますが、

 

モナコインは多くの店で支払いに使えるのも特徴です。

 

秋葉原のパソコンショップやメイド喫茶から

ネット上のオークションサービスまで

 

手軽に使えるサービスが少しずつ増えています。

 

営利を目的としない個人間の

コミュニティの活発さも大きな魅力でしょう。

 

さらにモナコインは取引所を介さない取引を実現する

アトミックスワップの導入にも成功しています。

 

これにより通貨の信頼性はさらに増し、

人気も高まっていくでしょう。

 

ビットコインなど他の仮想通貨に比べ手数料も安く、

 

投資目的ではない決済目的での

仮想通貨の利用に慣れるのにもおすすめできます。

 

 

モナコインを扱う取引所

モナコインを扱う取引所は国内にいくつかあります。

 

気軽にはじめるなら手数料の安いZaifがおすすめです。

 

売買で厄介なスプレッドがほとんどなく、

積立投資というシステムもあります。

 

日本国内で有名な取引所である点も安心材料ですね。

 

詳しくはこちら

ザイフの特徴と登録方法

 

国内でZaifと並ぶ規模を誇る

bitFlyerもおすすめできます。

 

何より仮想通貨取引所として

日本最大級の規模を誇り、使いやすさも抜群です。

 

スプレッドはZaifに比べると大きいので

比較的長期の保有に向いています。

 

bitFlyerはセキュリティ強度の高さにも定評があり、

 

コールドウォレットによる管理から

一定額の補償制度まで充実しています。

 

詳しくはこちら

ビットフライヤーは安全?世界最大の理由!

 

その他のモナコインが購入できる

取引所にはビットバンクがあります。

 

ビットバンクは仮想通貨に

関連したメディアを運営しており、

 

非常に精度の高い情報提供で知られる取引所です。

 

取引手数料が無料なので短期的な売買に

チャレンジしたい人に向いているでしょう。

 

ZaifやbitFlyerといった大手に比べると取引量は多くありませんが、

 

今後成長していくと考えられます。

 

 

まとめ

この記事ではモナコインの特徴から

扱いのある取引所まで見てきました。

 

モナコインはビットコインやイーサリアム

のようなメジャーな通貨に比べると、

まだ価格が安く手軽に手が出せます。

 

市場がどこまで拡大するか未知数な

面もありますが、日本産の仮想通貨であり、

 

様々な情報が得やすいのは日本人に

とって小さくないメリットでしょう。

 

今後も有志の力で成長が期待される

モナコインを見守っていきたいものです。