モナコインに対してどのような

イメージを持っていますか。

 

数少ない日本産の仮想通貨として

注目を集めるモナコインですが、

 

2ちゃんねるから誕生したという経緯もあり、

将来性を疑問視する声もあります。

 

モナコインに将来性があるかどうかは

多方面から分析する必要がありそうです。

 

この記事ではモナコインの今後の動向から

将来性についての考えを示し、

 

これまでの相場の動きや今後の

予測もしていきたいと思います♪

 

 

モナコインの今後の動きと将来性について

モナコインの将来については

賛否両論があります。

 

2017年の後半には秋葉原を舞台にした

モナコインの広告プロジェクトが実施され、

 

また大手取引所のbitFlyerで扱いが

始まるなど大きな動きがありました。

 

これらの動きがモナコインの

相場に大きく影響したのです。

 

特にbitFlyerでの取り扱いは

インパクトが強く、話題になるとともに

 

今後も国内の他の取引所に広がって

いくのではという期待感を持たせました。

 

DMMグループやGMOグループの取引所や

 

金融のノウハウを持ったSBIの開始する

新しい取引所でも扱われるかもしれません。

 

モナコインは将来性豊かな通貨だといえます。

 

日本国産で2ちゃんねる発祥という珍しさが武器となり、

 

今後も成長していくでしょう。

 

今は名前を知っているだけで手を出していない

というユーザーも信頼性が高まるにつれて、

市場に参加していきます。

 

日本語ベースの活発なコミュニティの存在も、

日本人にはうれしいポイントです。

 

モナコインは投資対象としてだけではなく、

実際に使えるコインとして楽しむことができます。

 

モナコインの使い道についてはこちらをどうぞ

モナコインは何に使えるのかまとめ

 

モナコインの相場の動き

 

モナコインの相場は2017年の後半、12月に急騰しました。

 

 

それまで数百円台だったのが

千円台にまで上昇したのです。

 

前述したbitFlyerでの取り扱いの

始まりなどが影響したのでしょう。

 

しかし、今年2018年に入り2月の時点では

また相場は数百円台に下落しています。

 

モナコインは基本的に他のアルトコイン同様、

乱高下が激しいコインだと分かるでしょう。

 

過去の相場の推移を見てもモナコインの動きを

予測するのは難しいことが分かりますが、

 

また何かちょっとしたきっかけで

相場の急騰が起こる可能性は考えられます。

 

2018年以降、モナコインで決済できるサービスが増えたり、

国内の多くの取引所で売買ができるようになるかもしれません。

 

モナコインのこれまでの最高値は2千円台前半です。

 

今後も何らかのきっかけで相場が

急騰する可能性は大いにありますが、

 

個人的には2千円台の水準を大きく

超えることはないのではと考えています。

 

とはいえ、2ちゃんねるという高い

ITリテラシーを持つ掲示板が基盤となっている

 

モナコインは将来的に安定した相場が

期待できるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

モナコインは国産ということで

物珍しさだけで見られていましたが、

 

その利便性の高さを多方面で評価されています。

 

今では希少性も一つの武器となっているのです。

 

アルトコインなので仮想通貨の中でも

リスクが大きいのが前提となります。