モナコイン(monacoin)という

仮想通貨を知っていますか。

 

日本産のコインであり、2013年にリリース

されたばかりの比較的新しい通貨です。

 

名前だけは知っているがあまり詳

しくは無いという人が多く、

 

また中にはビットコインも

買ったことがないけれど、

 

なんとなく興味があるという人もいるでしょう。

 

モナコインは公開当初はマイナーな

存在でしたが、実は大きな可能性を秘めていると感じています。

 

この記事ではモナコインの概要について

簡単にまとめた上で、

 

その具体的な使い道について紹介していきます。

 

 

モナコインの概要

モナコインがリリースされたのは2013年といいましたが、

 

一般向けに公開されたのは2014年の1月1日です。

 

 

モナコインは開発者以外の第三者によるサービスの展開が盛んで、

 

日本産ということも手伝ってか徐々に人気と知名度を上げています。

 

 

モナコインはライトコインの技術を基礎に開発された通貨であり、

 

ビットコインと比べて非常に速い送金処理が可能です。

 

・ビットコインの処理速度 約10分

・モナコイン 約1分半

 

モナコインの注目すべき点は

SegWitを実装していること。

 

SegWitとは仮想通貨取引における処理の遅れなどの

スケーラビリティ(拡張性)

の問題を解決するための方法であり、

 

取引容量の圧縮という独自の手段をとります。

 

 

 

モナコインにはこのSegWitが導入されており、

多くの処理が同時にできるのです。

 

SegWitの実装は世界で初めであり、

技術力が大いに評価されたといえます。

 

モナコインは個人間のコミュニティも盛んであり、

今後の更なる成長が期待できる仮想通貨といえるでしょう。

 

 

モナコインの具体的な使い道

 

・ネットショップでの買いもの

・現実ショップでの買い物

・投げ銭

・ゲーム

 

モナコインの使い道として挙げられるのが

買い物やサービスの支払いです。

 

画像元:https://monappy.jp

 

Monapyの運営するストアでは

フリーマーケットのような感覚で

様々な商品が売買できます。

 

気軽にモナコインでの支払いを

体験したい人にはいいでしょう。

 

 

またお店での支払いにも

モナコインは利用できます。

画像元:https://www.ark-pc.co.jp/

 

秋葉原のPCパーツショップ「アーク」では

モナコインで支払いをすることができ、

 

QRコードの読み取りなどレジでの

簡単な操作で購入ができます。

 

 

操作にかかるのは数秒でモナコインの

処理速度の速さを活かした活用法といえます^^

 

 

画像元:https://coingift.jp/

 

また、コインギフトというサービスでは

モナコインを使って

Amazonギフト券やiTunesカードの

購入が可能です。

 

モナコインには他にも特徴的な

使い方が多くあります。

 

 

Ask MonaというサービスはTwitterのような

感覚で掲示板に投稿することで

投げ銭という形のコインがやり取りされる仕組みです。

 

気に入った投稿にコインを投げたり

することでコミュニケーションが取れます。

 

 

モナコインは楽しみなが使える

ということで今後の成長も楽しみですね。

 

 

まとめ

 

記事を通してモナコインの概要から

主な使い道までを扱ってきました。

 

前述したようにモナコインは開発者以外の

有志によるサービス提供がとても盛んであり、

 

コミュニティの活発さも通貨の

将来性の高さを裏付けているといえます。

 

 

 

 

リップルのようにメジャーな感じには

ならないかも知れませんが、

遊び心のあるファンに支えられて、

生き残っていくのではと思っています。

 

それに、支払いにおける利便性はビットコインを上回り、

その技術は世界的に広く認められています。

 

手軽に使えるのがポイントです。