仮想通貨にはビットコイン以外にも

多くの有力なコインがありますが、

 

2018年に最も熱いといわれる

コインの一つがリップルです。

 

リップルにはビットコインとも

他のアルトコインとも違う魅力があります。

 

2017年の伸びも十分すごかったのですが、

今後もさらに成長していく可能性があり

 

投資家たちに夢を与えているのです。

 

この記事ではリップルが実際に

どの程度成長する見込みがあるのか、

 

そもそもそれだけ期待される理由は

何なのかを分析していきます。

 

リップルって何?という方はこちらの記事をどうぞ

リップルの特徴を分かりやすく解説

 

 

リップルの成長を支える魅力

リップルにはその成長を

支えている多くの魅力があります。

 

一つは送金や決済の便利さです。

 

ビットコインなどでは

世界中で利用者が増加している

 

ことも影響してか、処理に時間の

かかることが多くあります。

 

これがリップルであれば海外との

取引でも数秒で済むのです。

 

またビットコインをはじめとする

多くの仮想通貨は非中央集権型のシステムを

基礎にしています。

 

これにより手数料などの

コストは抑えられますが、

 

管理者がいないので市場では

大幅な乱高下が起こることもままあります。

 

その点リップルはリップル社という

明確な管理者がいるので

比較的安定しています。

 

既に世界の主要な銀行が

リップルの採用を検討しており、

国内の大手銀行にも動きがあるようです。

 

メガバンクはもちろん大手地方銀行など

主要な銀行が連携して計画を立てています。

 

これらの事実はリップルへの

期待感を高め、将来の予測に

大きく影響するでしょう。

 

 

リップルの相場予測

ではリップルはいくらくらいまで

伸びる可能性があるのでしょうか。

 

リップルは2017年末の段階で

前年比の成長率が仮想通貨でトップでした。

 

その成長率は1年間で数百倍にものぼります。

 

すさまじい成長速度で将来的に

ビットコインの時価総額を

抜くのではとの声もあり、

 

その金額すら通過点に

過ぎないと考える専門家もいるのです。

 

リップルの強みは利益を

得るための投資・売買目的だけでなく、

 

決済、送金などの日常利用にも便利なことであり、

 

最近では一般ユーザーに向けた

メディア戦略にも力を入れています。

 

またリップルは特にアジアの

投資家に好まれており、

 

日本や韓国、香港などからの投資が

これからも増加し、成長を支えていくでしょう。

 

日本のSBIグループもこの動きに

早くから目をつけ投資をしています。

 

リップルを購入する際はXRPという単位で表しますが、

 

将来的に1XRP=500円や1000円に

なってもおかしくないのではと思います。

 

現在の相場からもかけ離れた額であり

賛否はあるでしょうが、

 

個人的には1000円の大台を

数年以内に超えても驚きません。

 

また、仮想通貨の未来を予測する人工知能

「ウェブ・ボット」によると、

 

リップルは、2018年に本格的に

上昇をはじめ、激しく高騰する。

 

5月に1番上昇するとも言われています。

 

この予想が侮れなく、過去の予想では

結構当ててきています。

 

 

まとめ

リップルは今後も大きな成長が予測できます。

 

2018年以降も伸びが続き2

020年の東京オリンピックまでに

 

一つのピークを迎えるのではないでしょうか。

 

海外では日本以上に決済での

仮想通貨利用が普及しており、

訪日客の増加に伴って

 

国内でも仮想通貨決済に対応する

サービスが増えると見込まれるからです。

 

このような動きは決済や送金に

強みを持つリップルには

大きな追い風となります。

 

これらはあくまで予測の話ですが

リップルの未来を楽観視する声が

多いのは確かです。

 

リップルを買える取引所は

そこまで多くないです。

 

CMでおなじみのビットフライヤーや

ザイフでは取り扱いがありません。

 

買うならGMOコインがおすすめです。

詳しくはこちらをどうぞ

GMOコインの評判と口座開設方法