仮想通貨は日々進化を続けており、

多くの新たなコインが生まれています。

 

そんな数ある仮想通貨の中で

今もっと期待されている一つがリップルです。

 

アルトコインの中でも

突出した成長を続けており、

 

ついに時価総額でイーサリアムを

追い抜いてしまいました。

 

あのグーグルも出資しているリップルですが、

 

ここまで成長している理由は

何なのでしょうか。

 

そこにはグーグルのような巨大企業が

投資するだけの魅力があるのです。

 

この記事ではリップルの主な特徴や

他の仮想通貨との違いなどを説明します。

 

 

リップルの特徴

 

管理者がいる

リップルはウェブエンジニアが開発した

仮想通貨であり、リップル社が管理しています。

 

開発者の正体が分からないビットコインと違い、

 

リップル社という明確な創業者が

いるのが一つの特徴です。

 

 

リップルには目的がある

 

ビットコインは誰が何のために

作ったのかわかっていませんが、

 

リップルにははっきりとした目的があります。

 

その目的とは金融機関の送金に

おける問題を解決することです。

 

従来の仕組みは海外への送金に

多くの手間と時間を要し、

 

結果として手数料などのコストが

高くなってしまっています。

 

しかしリップルを使えば海外への

送金も数秒で行え、

手数料も大幅に抑えられるのです。

 

取引にかかる時間を比較してみると

・リップルは4秒

・イーサリアムは2分

・ビットコインは10分~1時間

 

実際に、私は国内から海外への取引所へは

リップルで送金することが多いです。

 

理由は早いからで、

リップルで送金すると数分で反映されます。

 

もちろん、手数料もビットコインに

比べると格段に安いです。

 

例えば、ビットコインは1回の送金で

手数料が0.001BTC(レートで代わりますが約1000~2000円)

 

一方リップルは

手数料が0.15XRP(レートで代わりますが約15~40円)

 

全然違いますよね。

 

 

リップルには前述したグーグル以外にも

多くの有名企業が出資しています。

 

アクセンチュアやSBIグループ、

 

アメリカのHDD(ハードディスクドライブ)メーカーの

Seagate(シーゲイト)など

 

他にも多くの企業から支援されているのです。

 

発行上限がある

 

リスクやイーサリアムと違い、リップルには発行上限が設けられています。

 

上限は1000億XRP

 

現在の発行数は約380億XRPです。

 

発行上限があるという個は、もし今後、

世界中でリップルを使うことになったら、

1XRPあたりの価値が必然的に

上がっていくということでもあります。

 

ブリッジ通貨の役割

 

先ほど、海外送金を安く早くする目的が

あるといいましたが、具体的に考えて見ます。

 

例えば、海外に子どもが留学しているとします。

 

その子に送金するためには、

銀行で手続きをするのですが、

手数料がだいたい2000~5000円ほどかかります。

 

そして、送ったお金を今度はその国の通貨に変えます。

それにまた手数料がかかります。

 

また送金にかかる日数も

1週間近くかかることもしばしばです。

 

 

これをリップルを使って行うと、

まず、日本円をリップルに変えます。

(取引所で違いますが、ゼロ円のところも)

 

リップルで送金(現在のリップルの送金手数料は0.15XRP(約15円)

 

受け取った子どもはリップルを現地のお金に変えます。

 

しかも送金時間は数分です。

 

こんな風に、他の通貨の橋渡しに

なる通貨を「ブリッジ通貨」といいます。

 

これが通常使用されるようになれば、

すごく便利だと思いませんか。

 

 

他のコインとの違い

具体的にはリップルによる送金は

数秒しかかかりません。

 

また先に述べたようにリップルは

リップル社によって管理される

中央集権型の通貨です。

 

これがどういう意味かというと

 

円でいうところの日本銀行のような

役割をリップル社が

果たしているということであり、

 

ビットコインなどのブロックチェーンとは

根本的に仕組みが異なります。

 

市場に出ていないリップルは

リップル社自身が保有しており、

 

価格の調整をしようと思えばできるのです。

 

大量のリップルがリップル社によって

市場にばら撒かれたら

相場は大混乱に陥るでしょう。

 

もっともそのような懸念をもたれる状況では

投資家がリップルを買わなくなるため、

 

リップル社はロックアップの措置を取りました。

 

ロックアップって何?という方は

こちらの記事をどうぞ

仮想通貨のロックアップとは?

 

自社の保有するリップルコインを

ロックアップ(凍結)することで、

 

相場を安定させサービスへの

信頼を高めようという考えです。

 

リップルのもつ国際送金の利便性を

世界にアピールするのが狙いでしょう。

 

 

私はリップルは投資目的だけではなく、

今後利用されるようなるという

視点からも持っておいたほうが

いい通貨だと思っています。

 

まとめ

 

これまで見てきたようにリップルは

ビットコインや他のアルトコインとは

少し違った仮想通貨です。

 

独自の目的と高度な技術は

高く評価されており

これからも成長していくでしょう。

 

今後イーサリアムを抜いて本格的に

アルトコインの代表格になっていくかもしれませんね。

 

他のコインとは特性が異なるとはいえ

成長が期待できる以上、

 

投資目的での保有も効果的です。

 

 

興味がある人は投資を

考えてもいいのではないでしょうか。

 

リップルはビットフライヤーや

ザイフでは取り扱いがありません。

 

リップルを買うならGMOコインがおすすめです。

 

以前ならコインチェックがありましたが、ハッキング事件で停止中ですので・・・。

 

GMOコインについてはこちらをどうぞ

GMOコインの評判と口座開設方法