仮想通貨の単位は、

コインの種類でたくさんあります。

 

あまりに多すぎてわからなく

なるくらいですよね^^!

 

ここでは、時々聞く「サトシ」

について解説します。

 

仮想通貨のサトシの意味とは何?

仮想通貨について調べてみると、

サトシ(Satoshi)という言葉が出てきます。

 

サトシとは仮想通貨のビットコインの

最小通貨単位を指し、

 

大きい値の呼び方が「BTC」

小さい値の呼び方が「サトシ」です。

 

ビットコインには1BTCを更に

小さな単位に分ける特性の

Divisible(ディヴィジボー)があり、

 

サトシは技術論文の著者である

中本哲史氏の名前から付けられました。

 

仮想通貨の売買を始めるに当たり、

次のような不安を抱えている方はいませんか?

 

・投資を始めたいけれど余剰資金があまりないから不安

・1BTCは100万円以上みたいだけど、そんなお金はない

 

しかし、ビットコインは必ずしも

1BTCから購入しなければならない

わけではなく、少額でも

取引できるのが特徴です。

 

そこで、1BTCをサトシで計算すると

どのくらいになるのか見ていきましょう。

 

1BTC=1,000,000,000Satoshi

 

1Satoshi=0.00000001BTC

 

1ビットコインの価格が日本円で

100万円だと仮定すると、

1Satoshiは0.01円となります。

 

実店舗でビットコインを使うに当たって

1BTC単位でしか使えないのは

現実的ではないため、

 

「サトシ」など細かく分ける

通貨単位が登場しました。

 

1Satoshiが0.01円程度では現実世界で

使われるケースはほとんどないものの、

 

価格が上昇すれば

1,000Satoshiや2,000Satoshiで使われる時代が

来る可能性は十分にあります。

 

ビットコインでサトシ以外の通貨単位はある?

仮想通貨のビットコインでは、

以下のようにサトシ以外の通貨単位もありました。

 

mBTC(ミリビットコイン):1BTC=1,000mBTCと1,000分の1の通貨単位

μBTC(マイクロビットコイン):1BTC=1,000,000μBTCと100万分の1の通貨単位

 

日本円で硬貨や紙幣が幾つも

用意されているように、

 

ビットコインも

「BTC」⇒「mBTC」⇒「μBTC」⇒「Satoshi」

と通貨単位が複数あると

考えると分かりやすいですね。

 

仮想通貨のビットコインは海外の送金にも

特化していて、寄付プラットフォームの

「KIZUNA」では小さな単位の「mBTC」が使われていました。

 

日本ではサトシはあまりにも

小さすぎるので実用的ではないものの、

 

世界的にやり取りや取引で

使われても不思議ではありません。

 

数字が多くて厄介だと感じている方は

非常に多いのですが、

 

仮想通貨に関する正しい知識を得て

投資を行うのは大事です。